Validating signature for c windows softwaredistribution selfupdate default wuident cab

17-Jan-2020 23:53

## RESUMED ## AU: Search for updates [Call Id = ] :156 996d6c AU # 0 updates detected :156 996d6c AU######### :156 996d6c AU## END ## AU: Search for updates [Call Id = ] :156 996d6c AU############# :156 996d6c AUAU setting next detection timeout to 2008-05-03 :156 9968fc Report REPORT EVENT: 2008-05-03 :156 0800114710100Automatic Updates Success Software Synchronization Windows Update Client successfully detected 0 updates.:156 9968fc Report REPORT EVENT: 2008-05-03 :156 0800115610100Automatic Updates Success Pre-Deployment Check Reporting client status.2010-03-09 :292 1196 1204 Handler Request generation for CBS update complete with hr=0x0 and pf Reset Sandbox=0 2010-03-09 :295 1196 1204 Misc Validating signature for C:\Windows\Software Distribution\Download\a856246c7b1f4ccc3f053e4e9290f25e_ctc\Windows6.0-KB947821-v7-x86.cab: 2010-03-09 :307 1196 1204 Misc Microsoft signed: Yes 2010-03-09 :307 1196 1204 Dnld Mgr Asking handler to generate non-range requests.

2010-03-09 :308 1196 89c Report REPORT EVENT: 2010-03-09 :141 0530 1 186 1000b wusa Success Content Install User cancelled the installation.

Installed a new Windows Update Client, REGsvr32.dll-MSXML3.dll/softpub.dll/initpki.dll/mssip32

I have ran gpudate /force the wuauclt /resetauthorixation /detectnow and have also deleted the susclient IDThe Group Policy seems to be working because the are automaically assigned to a group in WSUS, the registry settings are good STill not reporting??

NET 2.0の再登録を行う。 ① コマンドプロンプトを開く ② 以下を入力する。 %systemroot%\Microsoft.

NET\Framework\v2.0.50727\aspnet_-i ③ 再登録が終わるとログを確認してみるといい。 エラーがあると何かしら表示される。これは以下の場所にある フォルダオプションで隠しファイルを表示させるようにしておく %systemdrive%\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temp\ASPNETSetup_00001※ログの数字は一番大きい数字を選択するようにする。 ログ内で、Failure を探すこと。 ************************************************※また、下のような警告が出ることもある。 イベントの種類:警告イベント ソース: ASP. 上記のエラーが出る時もある。その場合の対策は以下のようにする ① データベースを修復するために、コマンド プロンプトで以下を入力・実行するMsiexec /i SSEE_10CALLERID=REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=omus /qn REBOOT=Really Supress /l*v <ログファイルを保存する場所とファイル名> ② ASP.

2010-03-09 :308 1196 89c Report REPORT EVENT: 2010-03-09 :141 0530 1 186 1000b wusa Success Content Install User cancelled the installation.

Installed a new Windows Update Client, REGsvr32.dll-MSXML3.dll/softpub.dll/initpki.dll/mssip32

I have ran gpudate /force the wuauclt /resetauthorixation /detectnow and have also deleted the susclient IDThe Group Policy seems to be working because the are automaically assigned to a group in WSUS, the registry settings are good STill not reporting??

NET 2.0の再登録を行う。 ① コマンドプロンプトを開く ② 以下を入力する。 %systemroot%\Microsoft.

NET\Framework\v2.0.50727\aspnet_-i ③ 再登録が終わるとログを確認してみるといい。 エラーがあると何かしら表示される。これは以下の場所にある フォルダオプションで隠しファイルを表示させるようにしておく %systemdrive%\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temp\ASPNETSetup_00001※ログの数字は一番大きい数字を選択するようにする。 ログ内で、Failure を探すこと。 ************************************************※また、下のような警告が出ることもある。 イベントの種類:警告イベント ソース: ASP. 上記のエラーが出る時もある。その場合の対策は以下のようにする ① データベースを修復するために、コマンド プロンプトで以下を入力・実行するMsiexec /i SSEE_10CALLERID=REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=omus /qn REBOOT=Really Supress /l*v <ログファイルを保存する場所とファイル名> ② ASP.

NET 2.0.50727.0イベント カテゴリ:セットアップ イベント ID:1064日付:0000/00/00時刻:ユーザー: N/Aコンピュータ:server_name説明: C:\WINNT\system32\serverappliance\web\aspnet_client でファイルおよびディレクトリを作成しているときにエラーが発生しました。エラー コード: 80070003 こんな警告が出た場合には『WINNT』フォルダがない場合もあるのでWINNTフォルダと、その下の階層の分までのフォルダを作成してみる ************************************************その他、確認してみるべき場所************************************************★ASPに関連したエラーを確認してみる。 ★すでに更新の有効期間を過ぎてしまっていないか? ★[イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] ポリシーで設定している場合、更新先のアドレスに間違いが無いか? ★IISの既定のWebサイト以外にも複数のサイトを作成していないか? その場合には一度サイト全体の構成のバックアップをとり、 複数サイトをすべて削除した上で再度WSUSの設定を行う。 ★既定のwebサイトにホストヘッダー値を記述していないか? ※以下の部分を確認する "既定の Web サイト" ┣ "プロパティ" ┣ "Webサイト"タブ ┣ "詳細設定" ┣ [ホストヘッダー値] ホストヘッダー値へ [ などの文字列を登録していないか? 本来、既定のWebサイトにはホストヘッダー値は記述せずに DNSサーバーにエイリアス名として"www"を登録する等の対策をする もし[ホストヘッダー値]に記述していた場合なら以下を試す ① "既定の Web サイト"-右クリック② "すべてのタスク"-選択③ "構成をファイルに保存する" をクリックしてバックアップ④ [ホストヘッダー値]の記述を削除し再度WSUSのセットアップを行う ――― 元のサイトの構成を設定しなおす ――― ⑤ DNSサーバーの管理を開く⑥ ターゲットのゾーンを選択する (ここではnekoprint.mobi)⑦ ホストヘッダー値 [ の "www" 部分をエイリアスとして登録する。 コレを行うには右クリック-[新しいエイリアス]を選択⑧ "新しいリソースレコード"ウィンドウが表示される。以下を入力 ・"エイリアス名" 欄へ [www] を記述 ・"完全修飾ドメイン名"の部分を確認する (ここでは " となっていればOK) ・"ターゲットホスト用の完全修飾ドメイン名" の入力 ここへwebサーバーのFQDN名(ホスト名 ドメイン名)を入力する (ここでは xxx.nekoprint.mobi)⑨ OKをクリックする⑩ ここまでで既定のサイトにアクセスできるかを確認する ************************************************※上記でもダメな場合には、バックアップをとったものを リストアして元に戻してみる。リストア手順は以下。 ① "既定の Web サイト"-右クリック ② "新規作成"-選択③ "Web サイト(ファイルから)"-選択④ 上記③で保存した場所を選択し、構成のインポートを行う。⑤ 閉じてもう一度確認する ************************************************別のサイトを作成した場合にでてくるエラー************************************************イベントの種類:エラーイベント ソース: W3SVCイベント カテゴリ:なしイベント ID:1007日付:0000/00/00時刻:ユーザー: N/Aコンピュータ: WSUS_Server説明:サイト '1525677000' の URL プレフィックス 'https://*:8531/Client Web Service/' を登録できません。必要なネットワーク バインドは既に使用されている可能性があります。サイトは非アクティブ化されています。データ フィールドにはエラー番号が含まれています。データ:0000: b7 00 07 80 ·..€ 既定のサイトへ、仮想ディレクトリを作成する。 手順① IISマネージャを開く② "WSUSの管理" サイトを選択する③ 仮想ディレクトリ "Selfupdate" を右クリック ┣[すべてのタスク] ┣[構成をファイルに保存する] を選択する④ ファイル名と保存先を選択してOKをクリックする⑤ "既定の Web サイト" を右クリック ┣[新規作成] ┣[仮想ディレクトリ(ファイルから)] を選択する⑥ ④で指定した保存先ファイルを選択して読み取りをクリック⑦ Selfupdate を選択してOKをクリックする⑧ 出来上がった仮想ディレクトリ"Selfupdate" を右クリック [アクセス許可] を確認 Administrators フルコントロールSYSTEM フルコントロールUsers 読み取りと実行・フォルダの内容の一覧表示・読み取りIUSR_○○" 読み取りと実行,フォルダの内容の一覧表示,読み取り※○○にはWSUSサーバーのホスト名が入る ■クライアントでサーバーとの接続を確認するときは ブラウザを起動して以下を入力する。正しく接続していれば、 ファイルのダウンロードのウィンドウが表示される。 ※ここではサーバーのホスト名は[xxx]とした。 "ファイル名を指定して実行"で入力する(XP/Vista/2000の場合) %windir%\************************************************<以下は、Windows 2000 でよく見られるエラー>************************************************他のOSでもこの対策は適用できますが・・・ Windows Update しないとよく聞きます。その対策方法。 イベントの種類:エラーイベント ソース: Windows Update Agentイベント カテゴリ:ソフトウェア同期 イベント ID:16日付:0000/00/00時刻:ユーザー: N/Aコンピュータ:<WSUSクライアントコンピューター名>説明:接続の失敗: 自動更新サービスに接続できなかったため、更新をダウンロードして、指定された時間にインストールすることができません。接続を再試行します。データ:0000: 57 69 6e 33 32 48 52 65 Win32HRe0008: 73 75 6c 74 3d 30 78 30 sult=0x00010: 30 30 30 30 30 30 30 20 0000000 0018: 55 70 64 61 74 65 49 44 Update ID0020: 3d 7b 30 30 30 30 30 30 = 0048: 52 65 76 69 73 69 6f 6e Revision0050: 4e 75 6d 62 65 72 3d 30 Number=00058: 20 00 . NET 2.0 再登録を行うため、コマンド プロンプトで以下を入力・実行する %systemroot%\Microsoft. NET\Framework\v2.0.50727\aspnet_-i ③ Windows Internal Database サービスのプロパティでログオン タブに移動 ④ アカウント データベースを操作するアカウントのユーザー名とパスワードを入力する ⑤ OK をクリックし、サービスを開始する ※ たいていの原因は、DCPROMO をしたのかどうか、である。DCPROMO(インストール・降格とも)を行うことにより、必ず DACL が削除されるため ************************************************ WSUSの管理ユーティリティ************************************************ ここでは、WSUSの管理ユーティリティ というものを使います。 これで、サービスの監視状態を停止・再開してみれば、イベントログにて現在の状態と、上記で書いたエラーに対処できる場合がある。 ① コマンドプロンプトを開き、以下の場所へ移動する。 C:\Program Files\Update Services\Tools ② 次のように入力してみるとコマンドの一覧が確認できる。 wsusutil /?